スタッフブログ

何か、ご事情でも・・・

アニオハセヨ。こんにちは。 

韓国版『花より男子』(特にイ・ミンホ)にはまりにはまっている、周南店の長谷川です。

 

最近、入居者の方のマナー違反による苦情が増えてきたように思います。

私もそうでしょうが、だいたいある程度は我慢して、耐えて・・・・そして爆発というケースがほとんどです。

先日も入居者の方から、同じアパートに住む方が、毎日深夜車で帰宅して、エンジンかけっぱなしで、何時間も車の中にいる為、エンジン音が響いて眠れないとの苦情の電話がかかってきました。

ただその入居者の方は、ご自分が困っている旨の説明をされながらも、

『何か、ご事情がおありなんでしょうか。』と、車の中にいる他の入居者のことも気遣っておられました。

 

前に、社長から聞いた話しを思い出しました。

電車の中で、子供達がさわいでいる。まわりの客はうるさくて仕方がない。

そばにいる父親が何の注意もしないことに腹が立ち、父親の方をみていると、

その父親がぽつりこう言った。

「すみません。実はたった今この子達の母親が亡くなりまして、この子達にどう説明しようと考えておりました。」と・・・・。

 

何か、ご事情がおありですか?と自分以外の人を気遣う気持ちのゆとり・・・・

とてもすてきなことですね。

このページのTOPへ このページのTOPへ