不動産豆知識

 

詳細表示 リスト表示 検索

冬の乾燥対策

●室内の空気が乾きすぎると、風邪には最適の環境
乾燥した空気が家に侵入すると、室内はカラカラ状態になり、風邪が流行するための最適な環境になります。
 そこで、いちばん注意したいのが湿度です。最適な湿度範囲は40〜60%ですが、冬にはこの理想ゾーンをかなり下回ることも珍しくありません。冬の冷たい空気はもともと乾燥していますから、暖房を使用しているとさらに乾ききってしまいます。
 乾燥状態、湿気のない環境にあると、風邪をよくひいたりするのは多くの場合、湿度の低さに原因があります。
●湿度が高いとあたたかく感じる
頼りになるのはやはり加湿器!!
 空気中の湿り気はあたたかさや涼しさの感じ方にも影響します。つまり、湿度が大会とある程度あたたかく感じ、反対に同じ湿度でも、湿度が低く空気が乾いていると、皮膚の表面から水分が蒸発しやすくなり、気化熱が奪われ涼しく感じるそうです。 「室内が28度でも、湿度が20%しかないときは涼しく感じるが、室内が22度でも湿度が50%あればあたたかく感じる」という調査結果もあるそうです。
●湿度を上げすぎると、結露やカビの心配も・・・。家の中の湿度を極力40〜60%に保つようにしましょう
ただ冬の乾燥防止のためにむやみに湿度を上げると、今度は結露やカビの問題が発生します。
つねに湿度管理をして家の中をチェックし、ウィルス侵入を予防する為には空気をよどませないための換気が大事です。
また、加湿器の清掃はこまめにするように心がけてください!
ワンポイントアドバイス!!
●観葉植物は天然の加湿器
加湿器を置く以外にも、もうひとつ効果的な冬の乾燥防止対策があります。観葉植物は天然の加湿器。室内の空気が乾燥すればするほど、観葉植物は葉の蒸散活動によって空気中に水分を放出するという働きをします。
★時間を決めて葉に水を噴霧することでさらに観葉植物の蒸散活動をさらに高めます。空気の乾燥が激しいときには、一日に一度以上の噴霧が必要です。
★小石を敷いたトレーに水を注ぎ、その上に観葉植物の鉢を置くと、室内の湿り気をつくる効果があります。
観葉植物は、室内に湿り気を与える役割の他、空気をきれいにするという効果もあります。
冬の乾燥対策 固定リンク
お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム