不動産豆知識

 

詳細表示 リスト表示 検索

湿気追放!快適生活 〜水周り編〜

洗濯機(専用のクリーナーで裏側のカビを一掃!)
外側から見えなくても、洗濯槽の裏側にはカビがいっぱい!たっぷりの水分と洗濯機から出る皮脂などを栄養源に繁殖したカビは、洗濯機の寿命を短くしてしまう恐れもあります。特に梅雨どきは水はけが悪くなるので、洗濯槽専用の洗剤を使い、一気に洗い流してしまうのがベスト。
浴室(入浴後のひと手間でカビを寄せつけない)
ワンルームのアパートやマンションでは、浴室に窓ついていないケースがほとんど。入浴時以外にもファンを回し、浴室のドアを開放して湿気を逃すように心掛けて。またカビの栄養源となる水アカや石鹸成分をシャワーで洗い流し、タオルで水分を拭き取ってしまうのもオススメ。入浴後すぐのお風呂掃除を習慣にしてはいかが?
台所(とにかく水分をためない工夫を!)
キッチンと居室が分離していないワンルームのアパートやマンションなどでは、特に気になる調理中の湿気。大量の水蒸気が発生するので、調理後も最低30分間は換気扇を回し、外に湿気を逃がしましょう。また食器洗いは乾いた布巾で完璧に水分を拭き取ってから収納を。閉め切った食器棚の中に湿気がこもるのを防ぎます。ちょっと贅沢だけれど、食器乾燥機を使うのもひとつの手。また、シンク内などにこびりついたカビは専用クリーナーで浮かして除去。こすりすぎるとステンレスに傷がつき、そこにカビが入り込んでしまう恐れもあるので注意!
〈その他〉の湿気対策
寝具(布団が干せない時期は除湿シートで乾燥を)
空気中の湿気はもちろん、壁から伝わった結露や汗がしみ込んでじっとり。寝苦しいだけでなくダニやカビの温床にもなってしまいます。万年床はもっての他だけど、多忙な時は除湿シートが手軽でオススメ!またベッドや布団はなるべく壁や窓際から離して配置し、結露の吸収を防ぎましょう。
革製品(防水スプレーと収納時の工夫が有効)
動物性の栄養分に富んだレザーはカビの大好物。特に夏に向かって温度、湿度ともに高くなるこの時期は、恰好の繁殖期といえます。繊維の奥までカビが入り込んでしまったら、完璧に取るのは難しいので徹底して予防を。対策としては、必ず防水スプレーをかけておき、濡れた場合はしばらく室内に吊るして乾燥させること。着用しない場合は、ジャケットならハンガーに吊るし、クローゼットの換気に配慮を。靴、バッグなら新聞紙や除湿剤を詰めて、コットンなど通気性のいい袋に包んでおきましょう。
食品(買い物は適量にして調理後はすぐに食事)
テーブルの上に一昼夜置くだけで、食べ物がいたんでしまう梅雨どき。たからといって冷蔵庫の過信は禁物!いくら低温でも増殖するカビは決して少なくないのです。買い物は食べきれる量だけにし、調理後はすぐ食事を。できれば週に一度は冷蔵庫内をアルコールで拭くなどして清潔を保って。
湿気追放!快適生活 〜水周り編〜 固定リンク
お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム