不動産豆知識

 

詳細表示 リスト表示 検索

湿気追放!快適生活

〈室内〉の湿気対策
天井(雨漏りなら修理、結露ならマメに換気を)
天井にできるシミの原因としては、まず雨漏りか上階からの水漏れが考えられます、そのどちらかに心当たりのない場合はおそらく結露が原因。結露は、室内と外気の温度差によって年間を通して起こる現象ですが、断熱材などの建材そのものにも関わる問題なので、住人の努力だけで防ぐのは困難。そこで、晴れた日には常に空気を入れ替え、室内の換気をよくする工夫を。あまりにひどい場合は、管理業者に被害状況を伝え、改善をしてもらいましょう。
玄関(濡れた靴や傘はよく乾かし除湿を徹底)
玄関のムッとするニオイの犯人は、濡れたまま放置した傘や靴に発生するカビ、あるいはバクテリアなどの微生物。帰ってきたら傘はよく振って水気をとばし、新聞紙の上などに広げてしっかり乾燥させましょう。靴はすぐに下駄箱にしまわず、乾いた布で表面を拭き、丸めた新聞紙を詰めて水分をしっかりと除去。また、食品などについてくるシリカゲルの小袋を入れておくのもオススメです。さらに湿気がこもりがちなシューズボックスは湿気シートを敷き詰め、一日一回は扉を開放して通気をよくしておくこと。あまり出番のない靴も時々陰干ししましょう。
収納(便利グッズで結露を予防、換気も必須)
日頃、閉めっぱなしになりがちな押し入れやクローゼットは、通気が悪いために湿気がこもりやすく、また外壁に面している場合は結露も起きやすいので注意が必要。一日最低2回は扉を開放して換気する、物を詰め込み過ぎないように心掛ける他、除湿グッズを上手に利用してジメジメを撃退しましょう。押し入れの床や棚には木製のすのこ板を敷き、寝具の湿気を予防。壁には除湿シートを張りめぐらしておきましょう。あまりお金をかけたくない、という人には丸めた新聞紙を並べて壁に立て掛けたり、洗濯用洗剤を箱ごと四隅に置き、湿気を吸い取るなどのアイデアも。
かべ(家具は隙間を作って配置し、シートを活用)
タンスや本棚は壁との隙間を2cmほど開けて、風が通りやすいに配置。除湿シートを利用するのも有効です。できてしまったカビは、多少なら浴室用のカビとり洗剤を薄めて拭き取ることも可能ですが、真っ黒な状態なら管理人に事情を話し壁紙の張替を。実費の負担に関しては要相談!
ゆか(畳にカーペットは×。こまめに通気で清潔に)
そもそも畳は通気性よく作られているため、上からカーペットをかぶせるのはNG。どうしてもというなら、晴れた日にカーペットを虫干しし、畳を持ち上げて湿気を逃がしましょう。またフローリングの場合も、こまめに掃除機をかけ、カビの栄養となる食べこぼしや水分を徹底的に除去しましょう
湿気追放!快適生活 固定リンク
お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム