不動産豆知識

 

詳細表示 リスト表示 検索

衣替え

時間のかかる衣替え。効率よくすませられたら・・・。
衣替えの準備
1.道具をそろえておきましょう
 ・大きめのポリ袋
 ・掃除機、タオル、エタノール
 ・ダンボール箱、粘着テープ
 ・防虫剤、除湿剤
2.クリーニング・洗濯は済ませておきましょう。
  汗やほこりなど夏物衣類は汚れやすく、来シーズンの黄ばみや臭いの原因になりかねません。
衣替えスタート!
1.出す(夏物・冬物を取り出し分ける)
取り出した後は、タンスやクローゼットなどの掃除をしましょう。
Point1:濡れた雑巾でふかないこと。衣類が濡れてしまいます。
Point2:タオルの面を変えながら、一方方向に拭きましょう。
2.捨てる(要る・要らないで服を分ける)
捨てる判断は、最近3年間着たかどうかで判断しましょう。判断がつかないものは「迷い箱」へ。後でじっくり考えよう。
≪しまう夏物/迷い箱/捨てる服/冬物≫
3.しまう(吊るす・丸める・たたんで場所別に)
厚手のハンガーにかける。
スカートやスラックスはラップなどの芯を折り目においてたたむ。
サマーセーターやニット類は丸めて収納。
吊るすスペースのないジャケットなどは立体裁断のふくらみをつぶさないようハンカチなどを差し込む。
*洋服ダンスは、右から開くものが多いので、右に夏物、左に冬物をいれましょう。このとき、内ポケットに防虫剤を入れておきましょう。また、クリーニングの袋をかぶせておくとホコリよけになり、防虫剤も揮発しにくいというメリットがあります。
☆アドバイス☆
カーテンも衣替え!
 カーテンは、大変不衛生なもの。埃や汚れはもちろんのこと、窓を開ける季節には、花粉や虫の死骸が付着するし、冬場は結露する窓の水滴を吸って、カビやダニが生えてることも多い。

できればカーテンも、衣服と同じように衣替えしてほしい
≪メリット≫
夏場→薄いグリーン・ブルーなどの寒色系
冬場→オレンジなどの暖色系
カーテンの色で「体感温度」が変わり、長い目で見れば冷暖房費の節約にもなるだろう。
衣替え 固定リンク
お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム