不動産豆知識

 

詳細表示 リスト表示 検索

カビと住まい

☆住宅内のカビ分布(こんな場所にカビは生えます)
●カビの発育条件 〜カビを育てる4つの条件〜
〈栄養〉
カビは栄養源となるものに寄生して成長します。カビが特に好きなものはデンプン、糖分などの炭水化物やセルロースに富んだものです。またカビ自身からも酵素や酸を出して、水に溶けない金属や繊維を分解して吸収、発育します。ですから、食材、木材、畳、布、皮革、ガラス面、タイル面、コンクリート面など住宅の内外のほとんどのものを栄養源にします。また、鉄や銅などの金属、岩石、電子部品、接着剤なども大好物です。
〈温度〉
住宅や建築物に発生するほとんどのカビが、5℃〜35℃の範囲で発育します。20℃を超えると急速に活気づき、28℃あたりでは繁殖が一番盛んになります。冷蔵庫の中でも夏の暑い時期に頻繁に扉を開閉すると温度が上がるので、カビには快適。低温、高温を好むカビもあるので要注意です!
〈水分〉
カビは少しの水分があれば生育します。かなり低い温度で生育するものもありますが、大部分のカビはジメジメした場所が大好き。湿度が60%を超えるとカビ、ダニが発生しやすくなり、80%を超えるとあっという間に繁殖します。
〈酵素〉
ほんの少量の酵素があればカビは生育します。つまり地球上のほぼどこにでもカビは発生、生育できます。
☆カビを発生させないためには
●カビを生育させないためには室内湿度を50%に保つ
 栄養、温度、水分、酵素、この4条件のどれか一つ抑えればカビの発生はかなり阻止できます。といってもカビの栄養源はホコリや人の埃があれば十分だし、酵素は人にとっても取り除くことはできません。温度は10℃がカビの生育を抑えますが、ちょっと寒いですね。湿度は通常のカビは80%以下では発育できませんが、好乾性のカビだと65%以下。人が快適に感じる湿度は40%〜65%なので、50%の湿度を保つことが最良の方法のようです。
◎空気が高温になるのを防ぐ
◎結露の発生を防ぐ
◎清掃
この3つをこまめにやりましょう。
カビと住まい 固定リンク
お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム