中古住宅あんしんパック

安心パックとは、中古住宅の購入に際して、インスペクション(建物調査)やリフォーム(増改築)、住宅ローン、その他瑕疵保険など、ご希望でしたら窓口を一本化することができるサービスです。

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度とは平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(以下「品確法」という。)」に基づく制度です。 品確法は「住宅性能表示制度」を含む、以下の3本柱で構成されています。

新築住宅の基本構造部分の瑕疵担保責任期間を「10年間義務化」すること
様々な住宅の性能をわかりやすく表示する「住宅性能表示制度」を制定すること
トラブルを迅速に解決するための「指定住宅紛争処理機関」を整備すること
上記の2番目に掲げた住宅性能表示制度は、良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するためにつくられた制度となっており、具体的には以下のような内容となっています。

住宅の性能(構造耐力、省エネルギー性、遮音性等)に関する表示の適正化を図るための共通ルール(表示の方法、評価の方法の基準)を設け、消費者による住宅の性能の相互比較を可能にする。
住宅の性能に関する評価を客観的に行う第三者機関を整備し、評価結果の信頼性を確保する。
住宅性能評価書に表示された住宅の性能は、契約内容とされることを原則(注1)とすることにより、表示された性能を実現する。
(注1) 新築住宅において住宅供給者が契約書面に住宅性能評価書やその写しを添付した場合や、消費者に住宅性能評価書やその写しを交付した場合には、住宅性能評価書に表示された性能を有する住宅の建設を行う(又はそのような住宅を引き渡す)ことを契約したものとみなしたことになります。ただし、住宅性能評価書の記載事項について契約内容からは排除する等の反対の意思を契約書面で明らかにした場合は、この限りではありません。
(以上、一般社団法人住宅性能評価・表示協会ホームページより抜粋)
住宅の性能を表示する基準は新築10区分、中古住宅7又は6区分あり、それぞれの項目について等級や数値で示されます。原則として建築基準法の基準が最低基準の等級1(建築基準法の基準を下回る場合は等級0)に該当し等級が上がれば性能が高いことになります。

住宅性能評価書の性能により、各種税の優遇措置や住宅ローンの金利優遇を受けることが出来る場合があります。(新築の場合、条件によりフラット35適合証明の一部検査省略も可能)

なお、住宅性能評価書の発行には、検査や発行手数料の費用がかかります。
住宅性能表示制度 固定リンク

**************************

また、弊社には顧問税理士や弁護士がおりますので、住宅に関する税金や法律のご相談も応じます。

なお弊社以外のネットや広告等で掲載されている物件も他社でお支払頂く仲介料と変わらずに、弊社で上記内容のサービスをご利用いただけます。
このサービスをご利用の場合、先に弊社へご希望物件をご指定いただきお問い合わせ下さい。

※インスペクションの費用(未済の場合)、瑕疵保険付保の費用、工事代、住宅ローンに関する費用耐震診断や耐震改修の費用、住宅履歴登録する際の費用はお客様もちとなります

お気軽にお問い合せください
株式会社五郎丸

受付時間
10:00〜18:00
(土・日・祝日9:30〜17:30)
定休日
水曜日・第3日曜日

電話でお問い合わせ

周南店
TEL 0834-31-5603
下松店
TEL 0833-44-5603

メールでお問い合わせ

→ お問い合わせ・ご相談フォーム